ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2012.01.08 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.09.03 Saturday

はづき虹映さん。

 

9月26日、はづき虹映さんのお誕生日パーティに参加して来ました。



最初は、最近家に誕生日占いの本がやたらと増えたなぁって感じでした。

そう、奥さんが買って来て読んでたんです。

僕はなんせ誕生日と言われる日が3つもあるので、
誕生日の占い関係の本は積極的には読まないのです、混乱するから。^^;

でも、次に奥さんが買って来たのはマンガの本でした。

マンガは好きなので読んでみると、腹を抱えて笑っちゃうシーンや
いや、笑えない、ぼくもこれは心当たりが・・というシーンがたくさんあり、
すごく面白かったのです。
「幸せなスピリーマン」という本でした。

その本の著者が、はづき虹映さんだったという訳です。

そして誕生日占いの本も、はづき虹映さんの著作でした。

どんな方なのかがぜん興味がわき、
ホームページをのぞいてみました。

ホームページのデザインのせいでもあるのかも知れませんが、
スッキリとした印象の方でした。

6月に福岡で行われた出版記念セミナーにも参加させて頂いた際に、
実際にお会いして感じたのは「きれいな人」という印象でした。

僕はオーラなどを観ることはできませんが、
はづきさんは、一点の曇りもない、
サッパリシャッキリ風呂上がり!って感じなんです。

で、Q&Aの時間があり、ちょっとお話ししてみたかったので
手を挙げて質問してみました。

僕は歌手なんですが、
はづきさんから何かアドバイスをいただけませんか?

するとはづきさんから、
「社会のしくみに乗せることです。」といただきました。

スピリチュアルと実生活とのバランスを、
しっかり取って行くということですね。

そんな素敵なはづきさんのお誕生日パーティが26日にあるというので、
速攻で申し込み、参加してきたという訳です。

この日の東京は夕方からすごい雨になりました。
会場があるホテルに着いた時にはすっかり嵐になっていました。

開始時間を少し過ぎて会場に行き、
受付を済ませ振り返るとそこにはづきさんが立ってらっしゃいました。

僕のこと覚えてますか?と聞いてみたかったのですが、
その時は我慢して中へ入りました。

すごい嵐なのにも関わらず、中はたくさんの人たちでした。

さすがはづきさん、天候は関係ないのね。

はづきさんが登場されてすぐに乾杯。

そしてすっごいケーキ。
本をモチーフにされてます。


はづきさんのお話を聞きながら、同じテーブルになった方々と挨拶します。

料理も美味しいし、ビールもキリンで冷たいし。
楽しい時間はあっという間ですね〜。

参加者の中から5人だけにプレゼントがあります?。

そっか〜当たるといいな。

ビールを飲みながら楽しさを満喫していたら、
どうも自分の番号を呼ばれたようです。

センタリング・ブレス


はづきさんが直々につけてくれました。

こんなのを引き当てる僕もなかなかじゃない?


そしてはづきさんは一人一人と写真を撮られてます。

たくさんの著作があり(35冊)それらは合わせて100万部を超えたそうです。

そんなすごい作家なのに、まったく謙虚で控えめなんです。

これはちょっと見習いたいですね。

僕もツーショットを撮っていただきました。
本にサインもいただいちゃった。


たぶん年齢は僕より少し年上かな。

見習いたい先輩がまたひとり増えて嬉しいです。
見習いたい先輩がいるってすごく幸せなことだと想います。

パーティの終わりにも一人一人と握手をされていました。
お土産までいただいて。

たくさんたくさん学ばせていただきました。

後にお礼のハガキをいただいて、
福岡で質問してくれましたね、と書いてありました。
僕のことを覚えてくれていたんです。

虹映さん、光栄です。


僕ははづきさんの友達でも頼まれた訳でもありませんが、
はづきさんの著作はとても面白くて分かりやすいです。

ふわふわしたスピリチュアルの事を書いた本はたくさんあります。
愛や光に関する事に触れた著作もたくさんありますが、
じゃあ具体的にどうしたら良いかについて書いてある本にはなかなか出会えません。

今すぐ使えるスピリチュアルとでもいうのでしょうか。
また、スピリチュアルってそんなに特別な物じゃないのねって感じさせてくれます。

なによりもスッキリとした雰囲気が素敵です。

ぼくも取りあえずお風呂には毎日入ろうと想いました。(笑)

またいつかお会い出来たらと想っています。

こうやってブログを書く事で、楽しい時間を想い出す事ができました。
書かせていただいてありがとうございました。

じゃ、お風呂入ってきますね〜〜。

はづき虹映 オフィシャルウェブサイト

2010.10.28 Thursday

東京ツアー4日目

この日も朝から雨。

ちょっと前の葉山なら朝食はデニーズしかなかったんだけど、
このホテルの1階にはスタバもできてる。
目の前の道路だけ新しくて、まるでここだけ葉山の堀内じゃないみたいです。(笑)

でも、この日はホテルで朝食を頼んでたので
同じ階の夜は居酒屋になってる和風のお店に行きました。

ぼくたちだけみたい、朝食頼んでたの。
テーブルに3人分だけそろえてありました。

いろんなおかずがあって、数もたくさん。
うれしいな〜。
ひじき、切り干し大根、卵焼き、海苔、
焼き魚やごぼうのきんぴら、ポテトサラダ等。。
「ご飯、おかわりどうぞ〜。」の声にさらに嬉しくなってしまいます。

色んな種類を食べると、少ない量でも感覚は満足します。
マクロを習っている時にそうなことを教わった気がします。
そう、、
すぐにお腹いっぱいになっちゃったんです。
ご飯もおかわりするつもりだったのに、一膳しかいただけません。
おかず、たくさん残ってるよ〜。
あ、でも、僕たちには食べ盛りのT君がいるじゃないか。
さあ、T君これも食べてね。

あら、さすがのT君も一膳で終わってます。
しまった、夕べ結構飲んだし寝る前のカップラーメンが効いたか。
3人とも泣く泣くテーブルをあとにしたのでした。


チェックアウトし、
雨の中てくてくとデニーズへ。
T.T君がわざわざ来てくれるそうなのです。
T.T君もシャスタメンバー。
久し振り。

この葉山堀内のデニーズ。
晴れてると海の向こうに富士山が見えるんです。
ここでよく関野さんと朝ご飯食べました。
録音した時もここに来たかな。
海がキラキラして、気持ちいいんです。
近くに小さい漁港が見えたり。

対馬生まれなので、漁港を見ると
心の底の方から「むにゅむにゅ」っと何かが上がって来ます。

ですが、この日は雨。
雨の海も見てると「むにゅむにゅ」が来ます。

この「むにゅむにゅくん」、
決して不快な感覚じゃありませんよ。

子供の頃の自分を思い出すような、
または両親を思い出すような。。
愛しいような、切ないような。。。
でも、懐かしいという言葉は使い過ぎた感があるので、
また、そんないろんな感覚が混ざってるので「むにゅむにゅ」と表現しました。
稚拙で申し訳ない。
でも、なんとなくわかるでしょ?
わかって。

みんなでバスに乗って逗子駅へ。
鎌倉に行くのです。

鎌倉は以前友人が住んでて、
何度も遊びに行きました。
大好きなシンガーも鎌倉に住んでるみたいだし。
一度だけですがCafeでライブをしたこともあります。

鎌倉も海も山も近いし、ここにも「むにゅむにゅくん」います。

北条時宗の時代には博多と交易があり、
関係も深かったらしいです。
実は僕ね、大河ドラマ「北条時宗」のロケが2001年に福岡であった時、
エキストラに申し込んで2回ほどテレビに映った事があるんですよ。
北大路欣也さん、藤竜也さん、藤あやこさんを生で見ました。

さて、そんな鎌倉に到着し小町通を歩きます。
お腹も空いてきたからあちこちのお店をのぞきます。
で、入ったのは漬物屋(笑)
漬け物が嬉しい年になったんですかね。

時間がないので江の電には乗れなかったけど、
バスで報告寺に行き、浄明寺というところへ。
報告寺で降りて浄明寺へ・・・。
ま、いっか。

落ち着きます。


シャスタは地球規模のパワー・スポットですが、
お寺や神社もその土地の気のエネルギーが高いところに建てられます。
ですので、当然このお寺もパワー・スポットなのです。


ここの竹林がなんとも素晴らしいのです。


奥にあるのはCafeです。
あ、ちがうね茶処?


雨に濡れた、手入れされた竹林は
清浄な空気で清々しい気持ちにさせてくれました。

ここでしばらく瞑想したかったのですが
帰りの飛行機の時間が迫ってました。
また来よう。




なんだか最近のこのブログ、
旅行記みたいになってますが、
でも、実は僕は旅行がきらいなのです。

なのにこんなに頻繁に出かける事はぼくにとっては
それはもう一大事なのです。
まだシャスタ・ツアーの話も途中だし、
この間は長野に縄文遺跡を観に行った話もあるし。
まだまだ旅行記は続きます。

でも旅に出て、色んなところに行く事によって
何かを取り戻し、思い出してる感じはします。

いつも長いけどまた読んで下さいね。

つづく。。。




2010.10.15 Friday

東京ツアー3日目

 今日は葉山に行きます。

関野さんとシャスタ・ツアーのシェアをしてなかったので、
会ってゆっくり話したいなと思って、
関野さんに事前に連絡してみたら、
その日は岡山から帰ってくる日だそうで・・。
予定では22時頃に帰宅なんだって。

それから飲みに出てくるのは大変でしょうね〜と思ってたら、
「そういう事なら飛行機で帰って来るよ。」って言ってくれました。
飛行機で帰るなら19時半には帰り着くから、って。
じゃ、それまで葉山観光してようってことになったのです。

で、
恵比寿のホテルでの朝食。
例のアメリカン・ブレクファスト。

ロールパンをトーストに変えてもらえませんか?って聞いたら
いつもは出来るんですが、今朝はトーストを切らしてまして・・って。

じゃあトーストセットを頼んだ人は何食べればいいの?
だたのセット?
そんなわけないか。

ついてくれたウィターさんの話し方や発声がやたらと優しくて、
もしかしたらこっちか?ってくらい。
観察してると物腰や微笑み方がタダモノではない。
すごく繊細でやさしい。
うん、まちがいないな。
あの繊細さは学びたいですね。

繊細さ、だけね。(笑)

昨日のお礼を兼ねてplumeriaサロンへ。
ちょっとだけトレガーをしてくれるというので
お言葉に甘えて揺らしてもらいます。
さすがに気持ちいい。
このまま息を引き取りたいと思いましたが、
それもご迷惑でしょうから、
ふにゃふにゃの身体を起こして、さて移動です。

外は小雨。
ギターをかかえたT君が荷物に関節技を極められながら、
恵比寿の駅へ。
京急で逗子駅までズド〜ン。
座れたから楽で良かった。

逗子に着いても小雨だったのでタクシーで宿に行くことに。
今日は葉山館。
今まで何度か葉山に来たけれど、一度も泊まったことはなかったです。
たしか古い印象だったけどな〜。

「いい夜だね」の録音をしたのも葉山でした。
なつかしいなこの歩道橋、
このコンビニまだあるんだ。
あ、この焼肉屋さんで食べたよ、
あ、改装してる〜。
と、ひとりではしゃいでると見た事のない広くてきれいな道に出ました。
あれ?
こんな道あったかな?
あ、道路が広がったんですね〜。
ほおぉ〜〜。
と、ひとりで感心していると見た事のある人に出会いました。

S1君。
25年ほど前に知り合って、
福岡に住んでたんだけど、今は葉山に住んでます。
この日は9月27日。
24日の福岡でのライブに里帰りついでに観に来てくれてたんです。
葉山にも行くからその時も飲もうって言ってはいましたが、
まさか葉山館の前で会うとは。^^

部屋は和室で落ち着きます。
S1君も来てくれて、みんなでまったり。
そう言えばこの近くのお肉屋さんのコロッケがおいしかったね。
葉山コロッケだっけ?
ちょっとお腹も空いたので買って来てもらいました。

うん。
久し振りにおいしい。
でも一個でお腹いっぱいw

写真はないです、ごめんなさい。^^;

道路はきれいになったけど、ほとんど変わってないな〜。
何年前だったかな、最後に来たのは。
たしか友人の結婚披露パーティが葉山のビーチで開いた時だったから、
かれこれ4年半ぶりか?
あの時はまだ王子が1才ちょっとだったからね。

山も海も近いから福岡と似た空気があります。
ただ雨降りだったから散歩に行けなかったんですよね。

お風呂に入ってさらにまったり。。
布団に横になって考え事をしていると、
いつのまにかウトウト・・。
こんな贅沢もたまにはいいか。

そろそろ腹も減って来て
いい時間になったので、
約束の菊水亭へ。

このお店も以前、録音の時に来たお店です。
和な名前のお店だけどイタリアンなんです。

生ビールをピッチャーで。
すぐにKzちゃんとMiちゃんも来ました。
そして、バシャールツアーに参加し、
前日の僕のライブにも来てくれたワイド画面の広末涼子、Maさんも来てくれました。
ワイワイ言いながら関野さんを待ちます。

でも予定の19時半を過ぎてもまだみえません。
一回家に帰ってお風呂に入って来るんだよ。
そうね〜、多分そうよね〜、なんて言いながら待ってました。
でも、20時過ぎてもまだみえない。

T君、たばこ吸いに外へ。
僕も電話してみようと外に出て、
iPhoneを取り出したところへ
黄色いウィンドブレイカーを来て「自転車」に乗って
関野さん、さっそうと登場です。
「タイヤがパンクしてるみたい〜〜。」
いきなり情けない(笑)

みんなも再会を大喜びです。

その時の写真がこれ。


関野さん、むっとしてるように見えるけど、
実は思いっきりクールに決めてるつもりなんだって。(笑)

ワイワイ大騒ぎして、きゅうり焼酎だっけ?
なんだか珍しいお酒を飲んだり盛り上がりました。
岡山でセミナーやって飛行機で帰って来て、
またこんなに盛り上がれるんだ。
関野さんってタフですね〜。

12時近くまで飲んでおひらきに。

葉山館の方まで関野さんも見送りに来てくれて、
パンクした自転車にまたがり、
ちょっと漕いでは自転車を降りてタイヤを見て、
またちょっと漕いでは降りて見て、
そうやって小雨の葉山の路地の闇へ消えて行ったのでした。

本当はすごい人なのに、とてもお茶目な人なんです。

雨だったからあちこち見て廻れなかったけど、
久し振りの葉山はエネルギーをくれたような気がしました。
特に何もない町なんだけど、アーティストがたくさん住んでるんです。
きっとなにかを感じるんでしょうね。

明日は鎌倉に行って福岡に帰るのだ。
鎌倉も久し振り。^^




2010.10.09 Saturday

東京ツアー2日目

 ホテルの部屋はT君とツイン・ルーム。

朝は早く起きて瞑想するからね、
と伝えてあったのですが、
寝返りを打つ音が、バサバサとうるさくて集中できません。;;
何度も深呼吸しトライしますが、
いい感じになって来たな〜って時に、
「う〜ん、むにゃむにゃ・・。」

あきらめて二度寝。。

今日はセミナーとライブとご飯。
大忙しのワクワクデー。

目を覚ましてシャワーを終えたT君と朝食へ。

1階のラウンジにはEさんがすでにテーブルについてます。

メニューはトースト・セットとアメリカン・ブレクファスト。

おお?
アメリカン・ブレクファストだと〜?
写真を見るとスクランブル・エッグもベーコンもソーセージも
しっとりしてて色合いもいい。
やっぱりコーヒーとジュースもセットになってる。
じゃ、これでしょ。
サラダもついててロールパンも。

運ばれて来た料理は、なんとなく輝いてる。(笑)
やっぱりこうでなくちゃベーコンもソーセージも。

うん。
メープルの薫りもしないし。
おいしいおいしい。
やっぱりアメリカン・ブレクファストはこうでなくちゃ。

・・・・・・・・・なんか変だけど、ま、いっか^^

9時に集合なので、
会場に使わせてもらうplumeriaサロンへ。

ここはシャスタ・ツアーで一緒だったトレガー・アプローチの
プラクティショナーの方のサロン。
ハワイ風の部屋のアレンジで、
落ち着くんだけどじんわりとワクワクしてくる感じ。
今回のセミナー&ライブにぴったりです。

さっそくT君にセッティングを始めてもらい、
僕は今夜の達也飯の野菜の切り込み。

今夜のメニューは、

・野菜チャウダー
・葛きりのトマトソース
・おからのジェノベーゼ風
・れんこんバーグ
・根菜類のオーブン焼き
・タプロと切り干し大根の煮物
・車麩のひとくちステーキ
それにplumeriaさん特製の「発酵玄米おにぎり」

お、、
多いかも?・・・^^;

昨日行ったお店にあったトマトが、
完熟しててすごくきれいで、
「僕をつかって〜。」とかなり主張してたので、
もう肌寒くはあったけど葛きりと合わせてみようと
買ってしまったのです。
でも、さすがに主張するだけあって、
甘味と酸味のバランスがさいっこ〜〜〜!!
塩だけしかしてないのにすごく美味しかった。
色もきれいでしたね〜。
あっと言う間になくなっちゃいました。

タプロっていうのは大豆タンパクを凝縮させたもので、
鶏の食感に似ています。
唐揚げにしても鶏よりもカロリーは半分以下なのでヘルシー。
肉類を食べられない人にもおすすめです。
でも、鶏は鶏で美味しいし、これはこれで美味しいんです。^^
あまりスーパー等では扱ってないですね、
自然食品のお店で手に入るかも。
今回はみじん切りにした切り干し大根をからめて、
煮物風にしました。
おばあちゃんの料理みたいに。^^

野菜チャウダーは、
こんな風にたくさんのメニューを作る時には
勝手に出来ちゃいます。

切り干し大根の戻し汁や、
葛きりの湯がき汁。
おからに混ぜる野菜の蒸し煮した残り汁。
こんなの絶対捨てちゃだめですよ。
すっごく美味しいんだから。

スープのベースになってるのは、
ゆうべタプロと車麩を漬け込んでおいた
醤油に生姜がたっぷり入っただし汁だし。

野菜は、オクラ、ズッキーニ、キュウリ、レンコン、カブ、里芋
もちろんカブの葉も使います。

マクロは捨てる所がないのがいいですね。
ほとんどゴミは出ません。

おからのジェノベーゼ風というのは
キューブに切った野菜をおからに混ぜるだけなんですが、
パプリカやきゅうり、コーンなんかも入れると
彩りがきれいで子供にも人気があります。
これに豆乳を入れたものと、バジル・ソースを混ぜたものと
二種類作りました。
パンに乗せて食べます。


れんこんバーグはよくありますね。
れんこんをおろして別に蒸し煮した牛蒡を混ぜて、
今回は炒った荒く刻んだ松の実を入れました。
お豆腐を混ぜるとのどごしが良くなるんですが、
今回は入れませんでした。

ソースは白ごまソース。
白ごまペーストと甘酒をだし汁でのばします。


今回は作るのが忙しくて写真を撮り忘れてました。
写真はみんなplumeriaさんの提供です。^^;

根菜類のオーブン焼きは
スティックに切った根菜に梅酢をかけてしばらく放置。
熱が加わるとあま〜くなります。

まるいズッキーニがめずらしかったので、
スイカみたいに縦に切って、丸みをいかしたまま
焼いてみました。
今回、歯触りを楽しんでほしかったので
みなさんにはちょっと固く感じたかも。

いいんです。
たくさん噛むと頭が良くなりますよ。(笑)

車麩のひとくちステーキはめちゃ簡単!
漬け込んでおいた車麩を、
サラダ油をひいたフライパンで焼くだけです。
ちょっと塩こしょう。
福岡だったら柚子胡椒でいただきますか。
一見すると豚の角煮みたい。
あ、からしをつけても美味しいかも。

もうみなさんお腹いっぱいみたい。
デザートにと思ってたかぼちゃアイスは食べられないみたいですね。

お腹いっぱいだけどね、みなさん
よく考えたら野菜しか食べてないんですよ〜?
みなさん、美味しいって言ってくれたけど、
次の日のお通じがどうだったのか聞いてみたいですね。^^




あれ?

セミナーとライブの話は?

セミナーは「オーバー・トーン」のレクチャーと
クリスタルボウルとオーバー・トーンの演奏、実演。
声によって心と身体のチューニングをするやり方、
それと簡単な瞑想をやりました。

3時間は短かったですね。
またゆっくりやりたいな。
実習もあまり出来なかったし。
面白いエクササイズが他にもたくさんあるんですよ。

みなさん熱心でした。
なのでたくさんのことをお伝えしたくて
ちょっと早口になっちゃったかな。

ライブはいつもの通り。
だじゃれを言ったり、
笑ってもらいました。
笑いもヒーリングですもんね。^^

よく聴いたら日本語なんだけど、
色んな国の言葉に聞こえる「空耳」的な曲も創ってます。
これも曲をそろえてライブしたいな。
「空耳世界音楽旅行」って。(笑)
一度岡山で歌ったんですが、まあまあ好評だったので。^^


こうして本番の夜も更けていきました。
喜んでもらえたみたいで、とりあえずは成功、かな?^^;

明日は関野さんに会いに葉山に行こう。
2010.10.06 Wednesday

東京ツアー

 このあいだ9月25日から28日まで、
東京に行って来ました。
その報告をさせて下さい。

もちろんバシャールツアーの話も継続中です。
わかってますわかってます。

9月25日

前日のケルツ・ライブの余韻(アルコール?)が残る中、
ギターとマイクスタンド、モバイルキューブ等々の大荷物を抱えて
スタッフのT君と地下鉄へ。

一人で空港までは大変なので、T君にはうちに泊まってもらいました。
でも、ふたりでも大変なので、途中でEさんと合流しタクシーで空港へ。
11時50分ごろの便で羽田へ。

機内ではまるで修学旅行のようにワイワイ言いながら
過ごしました。
T君はもうかれこれ10年以上のつきあいですが、
まだ彼は26才。

そう、彼が中学生の時からギターや歌を
ことあるたびに指導というか、アドバイスしてきました。
下手すりゃ親子ほどの年齢差です。

今回のツアーは、シャスタメンバーのKzちゃん、Miちゃんの主催で
オーバートーンのレクチャーとライブ、そして達也飯という
めちゃ忙しいお仕事を頂いたのです。
でも、そのどれもが大好きなのでワクワクしてるツアーでした。

ワイワイしてるといつの間にか到着。
こんなに早い羽田到着は初めてかも。
時間もお昼時だったのでまずはご飯を。

Cafe風のお店があったのでそこにしました。
名前は〜・・^^;
ハンバーガーが食べたかったので。

メニューを見るとなんと、バス・ペールエールがありました。
イギリスのビールで美味しいんです。


結局ここで撮った写真はこれだけ。

ハンバーガー、でかかったけど
サラダを食べたらお腹いっぱいになって、
全部T君に食べてもらいました。

サラダの中に生ハムが入ってるみたい。
でも食べたら薄くスライスした紅ショウガでした。
おもしろかった。

今回のセミナー会場は恵比寿にあります。

恵比寿、、久し振りだな〜〜^^

ホテル・エクセレント
前にもここに泊まったな、
なんの時だっけ?

部屋で楽器のチェックをしたり
休憩を取って、今夜の予約のお店へ。

日水土。
こういう名前のレストランって珍しいよね?

日と水と土、これだけあれば野菜は育つって意味らしいんです。
自然農法で収穫した野菜を、フレンチ仕立てで作ってくれるお店で、
週末はなかなか予約が取れないんだって。

今後の達也飯のために勉強になるお店に連れて行ってほしいと
リクエストしたのです。

お店の一階に野菜や調味料などが置いてあります。
なかには保育園で給食を作ってた時によく目にしてたメーカーの調味料があって
これも懐かしかったな。

明日の材料になりそうなものを買い込みます。
野菜がみんなきれいなので、ついつい買いすぎちゃったかも^^;

二階がウッディな造りで落ち着いた雰囲気のレストランになってます。

料理がきれいだし、なにより野菜達が主張してる。
鶏肉や豚肉も厳選してるらしく、
かなり美味しいです。


発想が自由な感じがするな。
こういうの、好きですね〜。

機会があれば訪れてみてくださいね。
日水土

うん。
美味しい野菜を食べたし、
明日のエネルギーをチャージできたような気分。

明日が楽しみです。







2010.09.30 Thursday

L.A到着 4日目(S.F移動編)

 だんだんと記憶が薄らいで行くなか、
ちょい焦り気味でアップです。

この日はL.AからS.F(サンフランシスコ)へ移動します。
なのでタイトルはS.F到着 1日目でもいいか。

まだ完全に回復してない僕は、
美味しくない朝ご飯にうんざり顔でカフェへ。

少し朝が遅かったせいか
ツアーメンバーの顔がたくさん。
MちゃんとEさんの座るテーブルへ。

食欲もないし機嫌も良くない。
ついつい返事も不機嫌な顔でしてると
Mちゃんが
「なんでそんな顔すんのん?
ええ男が台無しやで。」

この「ええ男が」に弱いのです。
それにMちゃんのこんなところが好きだな〜。
スパンと言い切っちゃう男っぽいところ。
とたんに機嫌が良くなった。(笑)
いろんな意味でMちゃんはヒーラーだな〜^^

朝食が終わったら荷物を持ってロビーに集合です。
フロントのお兄ちゃんが朝から元気にニコニコしてます。

今日で帰っちゃう人たちとお別れし、
タクシーでL.A空港へ。

タクシーのラジオから好きな曲が一瞬流れて、
僕がそれに反応するとドライバーのおじさんが、
「Do you like Rock ’n’ Roll?」って
チャンネルを変えてくれました。
するとゲス・フーってバンドのアメリカン・ウーマンがかかりました。

そしたらドライバーのおじさん、
「American Women is NO GOOD !!」って大きい声で言いました。
 
で、日本の女性はいいよね〜、って感じのことを
小さい声で言ってました。
タクシーの中は大爆笑。
ニコニコしながらキラキラしたL.Aの街を走りました。

さて、L.A空港から飛行機でS.Fへ。
セキュリティを待ってる時に列の後ろに並んでいた、
中学生と高校生くらいの若い男の子が
なにやら日本語らしき言葉を発してはクスクス笑ってる。
「Onara」とかw
Mちゃんが
「Did you say Onara?」で、またみんな爆笑。

国内線はファーストクラスなんです。

関野さんも同じで、隣の隣の席でした。
少しだけどやっぱり広くて快適。
1時間ちょっとかかったかな?
すぐ着いちゃった。

S.F空港からはタクシーで。
関野さんが大荷物なので荷物の少ない僕と
同じタクシーに乗ることになりました。
他によく笑うKzちゃんとMiちゃん。
やな予感・・。

S.Fの町並みはとてもかわいらしくて
見てて飽きません。


あ、
やな予感的中。(笑)

Kzちゃんが関野さんに、
「S.Fって時差あるんですか?」に対して関野さん、
「時差(じいさん)はないけど、ばさ(ばあさん)はあるよ。」

・・・どうおもう〜〜?

KzちゃんもMiちゃんもハートが開いててよく笑います。
すっかり関野さん、いい気分に。

僕はぐったりしてホテル到着。(笑)

Marin Suites Hotel

ここには小さいけれどキッチンがありました。


アメリカの食事に飽きてたから丁度良かった。

近くのスーパーで買い物して料理しようと思ったら、
みんなも同じ気分だったらしく一緒に買い物へ。
みんなでワイワイ言いながらお店の通路いっぱいに広がっちゃってる。
黒人の大きなおじさんが、カートを止めてじっと待っててくれてる。

優しいんですね、ごめんなさい。

みんなを促し、道を空ける。
すれ違う時に、「Excuse me.」っておじさんが。

失礼なのはこっちなのに。
こんな感じ、なんかいいな。


野菜売り場がすごい!

品数もたくさんだし、なによりその量が。
山のように積んであります。
水滴がついててみずみずしい感じ。

よく見ると棚の上にパイプが通ってて
所々にノズルがある。

しばらく野菜を物色してるとスピーカーから
ゴロゴロゴロ〜っと雷の音が。
するとノズルから霧が吹き出してくるって仕掛け。
おもしろ〜〜い。
だから水滴がついてるんだね。

広いスーパーをウロウロ。
ビールを30本入りのケースで買い込んで、
シャケの切り身、と言っても日本のように薄くはない。
3センチくらいの厚みのが6枚入ったパックを買って、
水もガロンで売ってました。
3.6ℓだっけ?

とにかく何でもでかい!
日本のスーパーにあるようなかご?のようなのもあるけど、
地元の人たちはみんなカートを使ってて、
そしてその中にいっぱい品物を入れてる。

おお〜〜〜やっぱりアメリカってすごいな〜。

でも、レジでそれらの品物を全部自分でベルトコンベアみたいなのに乗せるんです。
あんなにたくさんじゃ大変だったろうな〜。

でも、精算が終わった品物を紙袋やレジ袋に詰めてくれる人がいたり、
親切なのか不便なのかよくわかんないな。



部屋に帰ってビールを飲みながら戦闘開始!
うふふ、
たくさん作れるから嬉しいな。

Tくんがお米を食べたいって言ってたから
持って来た白米のパックをあたためよう。
とりあえず一人前だけだけど。

得意の野菜スープと、
シャケをオーブンで焼こう。

MiちゃんとKzちゃんがトマトソースのパスタを
自分たちの部屋で作ってくれました。

ちょっと付け合わせの野菜に熱が通りすぎたけど、
なんとかありあわせの調味料で形になりましたよ。


食べ終わって、みんなとバシャールのシェアをしたり
いろんな話をしているうちに夜も更けていい感じに。
ここで、ひとつ歌を聴きたいとリクエストが。

沖縄から来てる人も何人かいらしたので、
以前、沖縄に行った時に出来た曲を歌いました。

「花」

歌の途中から鼻をすする音が。

いや、今のは何もかけてないです。

聴いてくれてた方が涙を流してくれたのです。

うれしかったな。


ずっと話してるうちに、
なんと時間は朝の5時!

おいおい、朝ご飯も作るんだった、寝なきゃ。
と、Kちゃん(L.Aで同室で、S.Fでは男性4人とも同じ部屋)が「間に合いますか?」

そうだね、今から作っとこう。

朝からみんな、何だったら食べられるかな。
お粥は?

Tくんがインスタントのお粥をいくつか提供してくれました。
残ってたスープに入れます。
パスタの茹で汁を残しておいてくれたので、
それも入れます。

醤油も少し持って来てたので
それで香りをつけて出来上がり。

時計を見るともう7時。。

寝よう寝よう。
寝て寝て。

今日は、ホールフーズとファーマーズ・マーケットだ。
楽しみだったんです。

倒れるようにベッドへ。

S.Fの初日が終わりました。





2010.09.17 Friday

L.A到着 3日目(散歩編)

 ビーチへレンタサイクルで行こう!
ビバリーヒルズに行ってみよう!!

そんな声が飛び交うセミナールームでしたが、
明らかに風邪引きさんになってしまった僕は、
静かに部屋で過ごすことにしました。

ホントに風邪なのかな?

それだけじゃないみたい。
頭の上に渦があって、コンタクト取りたがってる感じ。

2年前のセッションの時は、そうでもなかったような気がします。
その時はスタッフだったっていうのもあるし、
セッション時間そのものも短かったから?

でも、今回はどっぷり浸かろうって決めてたから
エネルギー酔いも、かなりあるだろうなとは思います。

お腹は空いてるけど食欲はない。
あ、梅干しを食べよう。
梅干し食べたら寝よう。
瞑想はいいや。

風邪引きさんを見かねてか、
ツアーメンバーのEさんがオイルを持って来てくれました。

ラベンダーとユーカリ。

ラベンダーを喉に塗って、咳で疲れた筋肉を緩めてくれます。

ユーカリをコップに入れたお湯に数滴落として
それを吸入します。

ふう、ゆるんで来た。
Eさん、ありがとう。

すこし眠ることにしました。

すごく脳が動いてる感じ。
普段はあんまり動かないからよく分かる。(笑)
強烈なバージョン・アップがあって
一生懸命ダウンロードしてるって感じかな。
(これでレベルキャップがはずれるのかな?)(笑)

ダウンロードが終わったら
次はインストールして、
インストールが終わったらファイルに整理して。
んで、またインストールして・・。

ハードディスクがフル回転してる。
そんな感じです。

しばらくは意識して深呼吸してたけど、
いつの間にか眠ってました。

けっこう寝てましたよ。
喉が渇いて目が覚めました。

何か食べたい。
あ、持って来たお粥を食べよう。

と言ってもレンジもないし、
どうしようか?

水道から出るお湯を洗面所に溜めて、しばらく置いておこう。
コーヒーメーカーで飲めるお湯は湧かせるから
それでインスタントの味噌汁を飲もう。
かなりひどいでしょ?(笑)

でも、身体が弱ってる時はやっぱり日本食がほしいですね。

10分位経ったかな。
お粥、けっこうあったまってるみたい。

お皿もないのでコーヒー用の紙コップに移して食べます。

ぬ、ぬるい(笑)

でもほっとする味です。
味噌汁も旨いね〜、これでインスタントかい?(古っ)

Eさんが心配してお昼ご飯を買って来てくれました。
果物やサラダラップみたいなの。
でも、食べられなかった。
Eさんには感謝です。(泣)

水をたくさん飲みました。
とにかく水がほしかった。
瞑想をたくさんした時も水がやたらとほしくなります。
きっと激しい浄化が行われてるんでしょうね、
流すために水をほしがってる感じです。

みんなと出かけたかったな。

でも部屋にいたおかげで貴重な生き物に出会えました。

とっても小さいハチドリです。

日本では見たことがなかったな、
初めて見ました。
小さいけどすごく素早い!
ホバリングして急上昇し、
また急降下します。
それを繰り返してるの。

写真撮るの苦労しました。(笑)

Eさんの提案で散歩に出ることに。
咳はまだ出るけど身体のだるさはとれたし、
行ってみますか。

昨日行ったレストランとは反対側に大きな公園があるらしいので
そこまで行ってみることにしました。


こんなにいい天気でした。

ゆっくりゆっくり歩いて公園へ、
途中、自転車に乗った人に追い越されながら。
ほとんどの人が裸かそれに近い服装で自転車こいでます。
寒くないのかな?

そう言えば以前、武術の館長宅に、
オーストラリア人とアメリカ人がホームステイしてたけど、
まだ5月に入ったばかりだったのに海で泳いだって言ってたもんな。
「クレイジー。」って言ってあげたけど。(笑)
欧米人って皮膚が厚いのかね?

そうこうしてる内に公園に着きました。


大きな樹がたくさん。
ユーカリかな?

あちこちで親子連れがくつろいでいます。
おじいちゃん、おばあちゃんの姿も。
ゴミが落ちてない。
いいなあ、きれいで。

ちょっとした森のような所にCafe発見。
営業してるのかしてないのか、
よくわかんないので寄りませんでした。(笑)

奥へ進むと丸く大きな花壇があり、
木陰もあり座れるようだったので
腰掛けて休憩。

すずめが来ました。
日本のすずめよりスリムで精悍な感じ。

お、カラスも来たか。
こっちもスリムで目つきが鋭い。
おや、紙コップをくわえて来たぞ。
ひっくりかえして?
中にはナッツか?
おお、やっぱり頭いいんだねカラス。


樹々の緑と空の青さが目に心地いい。

肉体がある、ってことがなぜか嬉しくなりました。
ひとつインストールが終わったのかな?
さっきより落ち着いています。

太陽の光と暖かさが嬉しい。

100年後の地球で見たビジョンに似てる。

瞬間瞬間に選択してるってバシャールが言ってたなぁ。
次に何を選択するのかが大事とも。
ならば僕は「平和」を選択しよう。
ずっと戦って来たような気がする。
戦ってというより抗ってかな。
(後になってこの答えは出るんだけど、
この時はまだ分かりませんでした。)

また公園内を散策してると、
こんなのがありました。



あ、
バーバキューできるんだ、ここで。

いいな〜。

日本の公園ではなかなか見ないですよね〜?
きれいな楽しい公園でした。

ホテルに戻って瞑想しよう。


セミナールームの前で。
かなり元気になったでしょ?(笑)

昨日のバシャールセッションが、
遠い昔のことのように感じられました。

部屋に戻りクリスタル・ボウルの曲を聴きながら瞑想してると
Kちゃんが帰って来ました。
気を使ってまた出て行っちゃった。
ごめんね、Kちゃん。

今回のツアーは、
バシャールのセッションだけを受ける人と、
残ってサンフランシスコ、シャスタ山まで行く人と、
2通りのコースがありました。
なので今日でお別れの人もいます。
日本で再会出来るかな。
なので今夜はお別れ会。
部屋で飲むメンバーが増えました。

明日帰るって人の中に、
クリスタル・ボウルやオーバートーンに興味を持ってる人がいらしたので、
オーバートーンでのヒーリングをしてあげました。

背中を向いてもらい、
骨盤に向けて低い声からのオーバートーン。
第1、2チャクラに響くように。
次に胃と胸の中間あたりに。
そして最後は喉と眉間の間くらいのとこで。

これは受けてる人よりも
声を出してる人の方が気持ちいいのです。

でも感激してくれてましたよ。
たぶん・・^^;

さあ、明日は飛行機でサンフランシスコへ。

まだまだ旅は続きます。


2010.09.15 Wednesday

L.A到着 3日目(フォローアップ編)

 喉の痛みと寒気で目が覚める、最悪の朝になってしまいました。

うう、ぞくぞくする〜。

日本にいるときから咳が出てて風邪気味だったから、
そいつが復活しちゃったかな。

今日は関野さんによる、
昨日のバシャールのセミナーのフォローアップが午前中にあります。

全然なにもおかまいなしで今朝も絶好調のKちゃんと一緒に
まずは朝食へ。

うん。
当たり前だけど昨日と同じメニュー・・;;

美味しくないって分かってるけど
ベーコンとソーセージは取っちゃう。
コーヒーとオレンジジュースはすごく美味しい。

昨日はソーセージを2本取って
1本半食べたけど半分はKちゃんに食べてもらいました。
今朝はソーセージは1本にしとこう。
でも結局半分しか食べられず、
Kちゃんにまた半分食べてもらいました。^^;
普通にしてたらきっと美味しいのに。
アメリカって!w

寒いのでいったん部屋にもどって
厚手のシャツを着てセミナールームへ。
みんな元気そうで、
特に女性陣はキャピキャピしてます。
いつでもどこででも女性は強い。w
僕だけです、元気ないの。(笑)

く、暗いw

関野さんのフローアップ。

昨日のことについて質問はありませんか?

う〜〜ん、昨日のバシャールのことではないかな〜。
「直行さんのことでもいいですか?」
「あんなに長い時間通訳してて、疲れませんか?」

「う〜ん、通訳してるときはどんどんノってくるので
疲れるどころか楽しくなって来ます。」

ほぉ〜〜・・
(ちょっとイヤな予感w)

「通訳してるうちにこっちもノってきて、
バシャールが言うより早く言葉に出ちゃう時もあります。」

「へえ〜〜、かっこいい〜〜。」

しまった、つい言っちゃった!
みんなも感心しちゃってます。

関野さんの株を上げる結果になってしまった。
ほら、見てごらんよ
あの得意そうな顔!(笑)

でも本当にダリルとバシャールと関野さんの3人ってゴールデントリオ!
呼吸とノリがぴったり合ってるような気がしますね。
って、他の方が通訳してるバシャールのセミナーには参加したことないんですけどね。^^;

昨日の体験をみんなでシェアしましょう。
どなたか?

ひとりだけ手を挙げて話してくれました。

ほかには?

し〜ん・・・
輪になってるのでみんなの顔が見えます。

誰も発言しないなら僕が言ってもいいかな?

そう思ってたら、
じゃあ6人ずつグループになってください。

近くの人とグループを組みます。
そうするとみんなワイワイ話し出した。
ぼくはまだまとまってなかったので聞くばかり。
もちろん内容は覚えてません。(笑)

今回ずっとBasherって書いてましたが、
よく見るとスペル間違ってますね。^^;
正しくはBasharですね。

最後に関野さんの誘導でもう一度100年後の地球へ。

また軌道に乗って周回している時に
僕の分身達が横に並んで、
まるで翼のように広がって飛んでいます。

降り立ったところは、
南の島のリゾート地の砂浜でした。
何人かビーチにいます。

南の島っぽいけど、実は水没した日本のどこかなのかも知れない。
水没しても海中にも都市があり日常的に機能しているって
バシャールが言ってましたね。
それ聞いて、温暖化もなんだかネガティブに捉えなくなったような気がするな。
もちろん、今後も温暖化防止は続けなくちゃいけないけど、
魚を見ながら仕事ができるオフィスって、なんかいいよね。

見上げれば、
空は青く、樹々は濃い緑に茂って元気そう。
風が吹き抜けて行きます。
あいさつされたみたいな感覚。
ようっ、って。

ビーチの砂は白くなくて赤い感じ。
とても穏やかなエネルギーにあふれています。
平和・・・
静かなんだけど、とても力強い大地のエネルギーを感じました。

そして肉体を持っているはずの僕なんですが、
飛ぼうと思ったらすぐに空に駆け上がることができます。
すごく軽い。
また分身達が広がって翼をつくります。
自由に、素晴らしいスピードで空を、宇宙を駆け巡るのでした。

そう言えばバシャールから宿題を出されてました。

100年後の地球にいる自分に手紙を書く。
または、100年後の地球の自分から手紙が届くというもの。

僕の場合は未来から手紙が送られて来ました。
意外にふつうの便せんに入ってます。
ワクワクしながら手紙を開けるとそこにはたったひとこと、

「楽しめ。」

とだけ書いてありました。

そっか〜・・
じゃ、楽しむか。

この寒くてゾクゾクも楽しむか。
時々出る咳も楽しむか〜。

って、、楽しくないぞ〜〜;;

夕べ、関野さんから
午後はハリウッドに行ってみるといいよって言われてました。
じゃあハリウッド行ってみようか?
でもどうやらタクシーで1時間位かかるらしいよ。
中もすごく混んでるし。。

そうなの?

あ、なんかホッとしてるよ僕。
行きたくないみたいね。
じゃあ、部屋で風邪薬飲んで大人しく瞑想しましょう。
ゆっくりと頭と心を整理したいし。

最後にみんなでメンタスティックス?

トレガーのチューターのMちゃんがリードして
とんでもないことしてくれました。

「座り直さなくて結構です、なぜなら、立つからです。」
ここですでに笑っちゃった。

「まず、立ち上がって膝を緩めます。」

「そして両手をバンザイのように上げて手首は緩めます。」
バンザイしたうらめしや、みたいな感じね。

「そして、その手をぶるぶる回しながら大声で笑いながら歩き廻ります。」
と、急にMちゃんがあはははは、と手と顔を振りながら歩き出しました。

度肝を抜かれるってこのことか!

Mちゃんは発声もしっかりしてるので
怖いくらいに声がよく通ります。
みんなも大笑いしながら手を振りながら歩いています。
おもしろ〜い。

どうやらこれはMちゃんのオリジナルみたいで、
やっぱりこの人はただ者ではない、
この先僕の人生において非常に重要な位置を占めることになるであろうと
この時に実感したのでした。(笑)

笑ったら少しあったかくなった。
やっぱり笑いはヒーリングですね。

では、次回 散歩編に続きます。

2010.09.11 Saturday

L.A到着 2日目(夕食会編)

 さて、セミナー終了後しばらくはダリルとのフォトセッションが続いているようです。

ようです、というのは とてもダルかったので部屋にひとり戻ったから。
何かが完結し、何かが始まったような気がします。
仕上げの瞑想もしたかったので。


僕はどうもセミナー後って、ひとりで過ごしたいみたい。
どんなセミナーに出ても、受けた後はじっくりと反芻したいみたいですね。
きっとセミナーで生じた心の中の波紋が、
ゆっくりと自分のエネルギーとなじむのを観察したいんじゃないかな。
なんてね。


部屋に戻ってベッドに座ってゆっくりと目を閉じます。

頭のてっぺんがムズムズします。
頭の上に何かが渦を巻いていて、
頭頂をツンツン(笑)つついてるみたいな感じ
それらをなだめながら深呼吸します。

深呼吸を繰り返しながら、
今日のことをまとめます。

そうしているうちに深い瞑想状態へ。

深い・・ふかい・・めいそうじょぉたいえ〜・・・・



って、寝とるやないか〜〜い!!

いかんいかん、
今はちょっと無理なのかも。
頭が休みたいって言ってるよ。
でも、今寝ちゃったら夕食会も寝過ごしそう。

そうだ!シャワー浴びよう^^

ぷは〜〜、スッキリ〜^^
(しかし、このスッキリシャワーが実は大誤算だったのです;;)

さてさて、
夕食会の会場はホテルから見えるレストランって関野さんが。
どれかな〜。

待ち合わせのホテルのロビーへ。
外に出ていくつか見える建物のどれかなんでしょ?
え?
あれ?

関野さんが指差したのは
トタン張りの、ちょっと強い風が吹いたら飛んでしまいそうな屋根の
建物でした。

おお〜〜、あんなんでいいのか〜?
と思いつつも、みんなでぐるりと廻って到着。

Warehouseってなんだろね。
服の家?(笑)

中庭っていうのかな。

中は広くて倉庫みたい。
柱なんかも太くて高くて面白い。

やや興奮気味で震えが、震え??
あ、湯冷めか?
さっき歩いてるときも寒かったから。
シャワー浴びてあったかかったから薄着で出て来たもんな〜。
う、やばいかも。

ダリルを囲んで夕食会、なのにテーブルは4〜6人がけ。
みんな同じテーブルって訳にはいかないね。
いくつかのテーブルに分かれて座ります。
当然ダリルのテーブルは大人気ですぐに満席。

僕はダリルの後ろのテーブルへ。
いつもご飯は一緒になるMちゃんとEさん。
そして沖縄のSD。
まあ、なんと落ち着くメンバーですことw。
まだセミナーの余韻が残っていたので、しばし無言。
でも、そっとしておいてくれました。

メニューは魚、野菜、肉のどれか。
ベジタリアンのために野菜料理を頼んでおいてくれてたみたいだけど、
結局注文されなかったみたい。
僕は迷ったけど肉料理を頼みました。
僕以外はみんな魚だったので、
テーブルにひとつくらい肉があってもいいかと思って。
でも、写真撮るの忘れた。

これは魚料理です。

地ビールみたいなのを頼みました。
L.Aの人って人見知りが多いのかな?
ウェイターがビール運んできてくれたから、
ありがとうって言ってもにこりともしてくれない。
You're welcome.って言うだけ。
機嫌悪いのかな。(笑)

バンドの生演奏のような音が聞こえます。
ドラムとベースの音しか聞こえないけど。
時々ヴォーカルが入るか。
うん?
リハーサルかな?

普通日本では、っていうか僕らは
リハーサルはお客さんが入る前に済ませておくけどな。
リハだからか演奏が雑で、どっちかというと「うるさい」
まったく「アメリカって!」なんて思っちゃいました。(笑)

ビール飲んだら少し寒いのがゆるんできた。
アルコールで血流が良くなったか。
やっとみんなと話ができるようになった。
いや、それまでも話はしてたんだけど、
上の空で聞いてなかった。
ごめんね。^^;

僕が頼んだ肉料理はでっかいステーキでした。
日本のステーキみたいに脂が多くなくて
赤身の、ワイルドでずっしりした感じ。
こういう肉は好きです。

ガシガシ噛む感じ。

ソースは何ソースっていうのかな。
シンプルで肉の邪魔をしない。

口に入れると肉を焼いた香りがします。
当たり前だけど、日本のレストランではあまり味わった記憶がないな。
キャンプでバーベキューした時の肉の香りです。
おいしい。


でも・・・・


こんなに一人で食えるわけねえだろ〜〜〜〜!!
まったく「アメリカって!」

で、みんなにも食べてもらったんだけど、
すこし残っちゃいました。
いや、あんなに食べられんて。
だって、僕の握り拳くらいあるんですもん。
厚みもあるし。

テラスもあってそこで食事している人もいました。
肌寒いくらいなのに半袖のTシャツで過ごしてる。
黒いスーツ姿の、目つきの良くないオヤジふたりが
テラスの席に通されました。

おお?

よく見たら牧師さんみたい。(笑)
背の高い方の牧師さんの微笑み方がちょっと変だぞ。
あれは恋してる目か?
相手のちょっと年配の牧師さんとそう言う仲か?

などと窓のこっちで作り話をして笑ってると、
そろそろみんな食事も終わったみたい。
撮影会が始まりました。

ちょっとトイレへ。
さっきの機嫌悪いウェイターにトイレの場所を聞くと
ニコニコして案内してくれました。
なんでここでニコニコなの?

あ、やっぱりステージがあるんだ。
生演奏してる。
リズムのいいナンバーをノリノリで黒人シンガーが歌ってる。
う〜〜、あまり上手くない、残念w

ダリルが帰るみたい。
今日はありがとうって言おうと思ったけど、
あきらかにハグ疲れしてるよ(笑)
まあそっとしておこう。
また会いましょう。

ビールももう頼めない雰囲気だったので
お店を出てからスーパーへ行こう。

かなり寒かったけどビールを買い込んで部屋へ。
何人か部屋に来てくれて飲みなおし。

そこへ関野さん登場。
「やあやあ、直行さん Good job!。」
「今日みたいな直行さんを見てると、絶対かなわないな〜って思っちゃいました。」

誉めたのが間違いだった〜〜〜;;

お茶目直行全開になっちゃった。

こうしてやっと2日目の夜が更けて行くのであった。
まだまだ先は長い。






2010.09.10 Friday

L.A到着 2日目 (セミナー編 Q&A)

 想像してごらん、100年後の地球を・・。

澄みきった空気、青い空 豊かな緑。
クリーンなエネルギー、微笑みを浮かべる穏やかな人々。。

想像してごらん、辛くない白いカレーを・・。

・・・「シチューです。」


少し眠ってた。
目覚める時にお笑いコンビのネタを思いだしました。

このブログを書くたびにバシャールのエネルギーを思い出しますね。
いい気持ちになれるんです。

午後のセミナーにはあと30分あります。
短い時間だけど深く眠れたみたい。
すっきりしています。
でも、お腹は減ってないな〜。

すこし寒いので、金魚柄のバスタオルを持って部屋を出ました。
あぁ、熱いコーヒー飲みたいな。

セミナールームに行くとみんなは撮影会したり、
おしゃべりして笑ったり。
バシャールのエネルギーもなんのその。
楽しんでらっしゃいます。
僕だけですね、こんなぐったりなの。(笑)

午前中後ろに座ってた人と前に座ってた人の席替えをしようと
みんな移動してますが、
これ以上バシャールに近寄ったらもう大変だと思い、
同じ場所で受けることにしました。

ダリルも食事から戻って来ていよいよQ&A。
バシャールのセミナーでのメインイベントと言えるんじゃないかな。
バシャールはいつもエネルギッシュだけど、Q&Aになるとますますノってくるみたい。
さらに鋭く、的確さを増してくるのです。

今回は通訳をしている関野さんも、いろんなセミナーをされてますが
Q&Aになると俄然調子が出ます。
バシャールもエンターティナーなのかな?
ふたり(?)似てるなと思う所もありますね。
もちろん全然違う所の方が多いんだけど。(笑)

今回は受講者が多いので、全員が質問できるとは限らなくて
質問を書いた紙を箱に入れて、スタッフがランダムに選んで
時間が来たらそれまでってことでした。
だからこそ、今回ここに集まったメンバーにとって必要な質問が出るんだろうな。

さて、最初の方の質問は・・・・

う〜〜ん、、思い出せない。
もう一ヶ月も前のことだもんね。
いくつかバシャールの言ったことで印象に残ってることはあります。
これはと思ったものはメモしました。

でも、どういう質問だったのかは全然覚えてない。

ふふん、どうせ他人の話なんざ聞いちゃいね〜〜

しばらくして僕の名前が呼ばれました。
自分の質問は覚えてますよ。

たしかこんな感じだったと記憶しています。

「バシャールさん、こんにちは。」

「はい、こんにちは。」

「僕は歌手です。」

「ありがとう。」(なんでここでありがとうなんだろう?)

「クリスタル・ボウルと倍音発声によるヒーリングを試しています。」
「それぞれの倍音がお互いの倍音を打ち消し合ったりしませんか?。」

「増幅することも出来ます、キャンセルすることも出来ます。」

ふむ・・。
キャンセルされたらヒーリング効果も消えるのかな?
キャンセルしないように気をつけることは?
この質問をしようとした瞬間にどこからか、
「試せ」という声が。

そうか、試してみればいいんだ。
キャンセルさせる方法は何となく分かるぞ。
他にも色々質問があったけど、
全部試せばいいんだね。
その方が発見の喜びもあるし。

やっぱりバシャールの影響なのか、直感が冴えてるような気がします。
じゃ、最後にこれだけ、


「では、クリスタル・ボウルだけの演奏、倍音発声だけの場合、
そしてクリスタル・ボウルと倍音発声(オーバートーン)の両方の演奏とでは、
両方の演奏の方がよりパワフルな感じがするのですが?。」

自分にとって楽しいと思うこと、惹かれると思うことであれば
それが自分にとって真実です。
どれが正しい、間違いということはありません。

なるほど!

う〜ん、もうこれ以上質問なんてありません。
楽しそうだ、面白そうだと思うことを片っ端から試してみよう。
もう究極の回答ですね。

他にも面白い回答がありましたけど、
僕はやっぱりこれが一番印象に残っています。
ワクワクするならやってみれ、ってことですね。

最後にもう一度100年後の地球へ。

地球の軌道を回っている時イメージを見てる時に、
いつも僕を中心に左右に数人の、なんらかの存在がいるのを感じます。
左右に3〜4人ずついるみたい。
身体は透明で輪郭だけが見えます。
そして地球に降り立った時に全員がシュシュシュッと合体します。
主導権というか、この肉体をコントロールしているのは僕だけど
本当はいくつものエネルギー体が同居しているような感じかな。

100年後の自分と現在の自分を一体化させるようにバシャールが誘導。
透明な100年後の自分がす〜っと近づいてくる。
そして、身体が重なってひとつになり少し身体が軽くなったような感覚。
なぜだろう、
うれしい。

FFで、新しい魔法を覚えた時みたい。
空蝉の術:弐を覚えた時みたいに、何かすごく力が湧いてくる。
自信が満ちてくるよ。
早く試したいって感じ。

あぁ〜〜楽しかった〜〜。

バシャールが去り、ダリルが戻って来て、
どうでした?って言ってくれた瞬間に
「Thank You.」って思わず言っちゃった。
みんなで拍手!

関野さんも爽やかな笑顔。

いつもはくだらない、ホントにくっだらないイラッとするような
駄洒落しか言えない人だけど、
こんなときは輝いて見えますね(笑)
かっこいい。
こんな仕事をさせたら、どうやってもかなわないな〜って思いました。

身体はまたダルくなってるけど、
気分は爽快。
お腹も空いて来た。

少し休憩してダリルを囲んで夕食会です。

L.A到着 2日目 夕食会編へ続きます。




Powered by
30days Album
PR